保険相談などを活用し将来の不安に打ち勝つ

確認しよう

今の保険内容をしっかり理解しましょう

現在の保険で保障されているものをすべて把握し、今のままでいいものはそのままにしておきます。また、今の保険に加入した後に病気や怪我をした場合は、同じくらいの条件では今加入されているような保険に入れないことも十分考えられます。保険見直しといってもあわてて今加入している保険を解約しないことはとても重要です。 その後に自分にはどのような保険が必要かを考えます。ご家族の状況などによって必要な保険内容は変わってきますので、ご家族との話し合いも必要となってきます。

自分で保険の要否の判断をしましょう

保険見直しをする際に考えておかないといけないことは、保険見直し窓口では新たな保険の加入を必要以上にすすめられることがあるということです。保険見直し窓口のファイナンシャルプランナーは保険について豊富な知識を持っていますが、その保険が本当に必要かどうかはご自身での判断が必要です。 また、保険の要否を判断するときに考えておかないといけないことは、保険に頼るばかりでなく、公共のサービスなどでも代用できるものがある、ということです。例えば医療費が高額になった場合は、健康保険の高額療養費制度を利用すると、医療費を大幅に減額することができます。 自分でもいろいろな情報を集めつつ、ファイナンシャルプランナーのアドバイスを参考に保険見直しを行いましょう。