保険相談などを活用し将来の不安に打ち勝つ

窓口で相談する

かつては勧誘が主流だった

保険と言うと、生命保険やがん保険、医療保険などが思い浮かぶと思います。保険は私たちにとってとても身近なものですが、その反面嫌な存在でもあります。保険というと思っ先に思い浮かぶのが保険の勧誘であるという人も多いのです。かつて保険が少ない時代には、保険と言う存在を詳しく知らなかった人も多く、また経済面でも裕福になりつつある状態だったのでもしものときのために保険に加入すると言う人も多かったのです。この時代であれば保険の勧誘も比較的うまくいったかもしれません。しかし保険の種類も増えてきて、多くの人が何かしらの保険に入っている状況では、保険は既に飽和状態になっているわけです。そんな中で保険のセールスマンが勧誘にしても対応が面倒臭いだけで何もいいことはありません。それによって保険の勧誘は減少していったのです。

保険相談は意外とウケが良い

そこで、保険の勧誘に代わり、保険の見直しについて相談する窓口ができました。それが保険相談です。保険相談ではその顧客にぴったりの保険を探し、その保険を顧客が気にいればその場で契約できるのです。ただ、保険相談が流行る前は、果たして保険相談のような方法で顧客を増やすことができるのかという問題もありました。しかし不況により生活費等を切り詰めなくてはならず、保険の見直しも注目を浴びるようになったのです。またこの背景には、保険業界の自由化、保険業者や銀行業なども代理店業が解禁になったという背景があります。かつての勧誘という方法とは違い、顧客自らが保険相談に訪れるこの仕組みは、とてもウケがよく日本中に広まっているのです。